豊田市物件 道具部屋~名古屋市内の設計事務所~

豊田市で進んでいる新築住宅現場。
先日も現場監理にお邪魔してきました。
前回の記事でもスポットを当てましたが、
今回も大工さんです。

二階に上がると、計画にはない道具部屋の工事が、・・・。
いえいえ、大工さん自身が現場での作業を効率よく進めるために、
工夫して道具・資材置き場として使い仮設の棚を取り付けた様子の写真です。
現場が整頓は作業効率にももちろんつながりますが、
足元が材料や道具で占領されてしまうと事故にもつながりますので、
大変重要なポイントです。

現場での工夫。
早く、簡単に作り上げるこのような知恵を見つけるのも現場に行くことの楽しみだったりします。

棚以外にも、現場用のスリッパラック、簡易組み立て机兼作業台、そしてコンパクトな縁台(踏み台)。
きっとまだまだあると思います。
智恵が詰まったそれらの現場簡易造作を見つけると、
ワクワクして大工さんに製作の工夫ポイントを聞いてみたりしてしまいます。

同じ作業台を作るにもそれぞれ個性が出るという話も聞いたことがあるのと、
「時間がある人ほど、創意工夫がしてあるよ。(笑)」
という話を聞いたこともあります。

外装工事の下地作業も進んでいます。
ポスト工事は外部からの様子です。

関連記事一覧

PAGE TOP