鎌倉山へ ~名古屋市内の一級建築士事務所~

緑の多い鎌倉山。
街並みの一角に、桜の木の下にひっそりと佇む、建築家堀部安嗣さん設計の鎌倉山集会所にお邪魔してきました。
しばらく前から堀部さんの設計された建物を何冊も書籍で拝見し、
落ち着きのある優しい建築を堪能していたのですが、
実際に目で見て体感してみたい気持ちが納まらなくなり、今回の訪問に至りました。
 
写真のように集会所の計画は、軒を四方に出した屋根を二段に構える構成で計画されているのですが、
一段目の屋根に既存の桜がかぶさるように計画されていて、桜の木の影が屋根に落ちているのに心打たれました。

集会所の運営は、地元の方々が当番制で運営されてみえるようです。
談話コーナー、図書コーナー、炉を切った和室、そして二カ所の集会室を主な所要室。
お邪魔したときも和室では茶道教室、集荷所では書道教室が開かれ、
運営の方も含め住人の方が楽し気に時を過ごす交流の場になり、地域に根付いた場になっているのを感じました。
個人的には構造の計画も学びがあり、大変満足感のある貴重な時間を過ごすことができました。

近くへ行く機会があればまた是非お邪魔してみたいです。
出来れば桜の咲く時期に。

関連記事一覧

PAGE TOP