見えない技 豊田市新築工事~名古屋市内の設計事務所~

豊田市の新築工事、大工工事の大詰め。
現場で材料を加工して納めていく大工造作の技に出会えました。
写真は造作家具部分の接合部を美しく見せるため、
材料の小口に凹凸を付け納めていく方法で実接ぎ(さねつぎ)と言います。
仕上がったときに見えがかりとなる部分に気を配って加工し納めていただけました。
完成後だとどのように納めたのかわかりにくい部分も、
現場に顔を出しているとこのような貴重な様子を垣間見れたり、
何よりも自分が勉強にもなり大変うれしい時間です。

一階部分に設計していた木階段もここ数日で仕上がってきました。
現場に入ってから、大工さんと何度か図面上のミリ単位で寸法調整を進めたものが、
上手く予定通り納まってくると安心します。

屋外では軒裏の天井材も貼られ、
リビングの空間と天井素材の連続を意識した部分も、
材料の木目や色味も内外が連動するように材料を貼り上げていただけました。

足場も外れていよいよ外部も仕上げの段取り作業が始まりました。

関連記事一覧

PAGE TOP