素材を添える 豊田市新築工事~名古屋市内の設計事務所~

豊田市で進む住宅の新築工事。
壁の下地が完了し、各部屋の輪郭が見えてきたところに、
改めて打合せで決めていた素材が添えられました。

空間に素材を添えるときは位置合わせの時にかなり気を使っています。
その素材ばかりが目立ちすぎないように。
パッチワークのような切り貼りに見えないように。
素材を大切に。

今回はスケルトンの造作階段の背面に、
両者が引き立つ意識で壁面に天然木レッドシダーを添えています。

添える範囲も床から天井、端から端まで。
部分的に貼るようなことをしてしまうと、
前述のようなパッチワークのようなことになり、
折角予算をかけても安く見えてしまうような気がするので。

二階階段ホールでも一部同じ素材を天井に添えました。
天井部分を屋根勾配に合わせて吹抜けとしています。

他の部分の壁が仕上がってくるともう少し色合いも明確になり、
存在感が増してくるので、そちらもでき上りが楽しみです。

関連記事一覧

PAGE TOP