豊田市新築工事土台敷き~名古屋市内の一級設計士事務所~

豊田市で進んでいる住宅の新築工事。
前回基礎配筋工事の記事を書きましたが、あれから天候にも恵まれ、美しい基礎が出来上がり、上棟へ向けての準備で現場が進んでいます。

写真の工程は、出来上がった基礎の上に土台を敷く土台敷き。
工場であらかじめ設計図をもとに刻まれた木材が現場に納入され、平面的に格子状に組まれていきます。これが土台という部位になり、この上に柱を立てて建物を立体的に組んでいくことになります。
この土台よく見ると無数の規則正しい小さな穴が開けられ現場に搬入されています。これは防腐防蟻処理のためで、材料の表面から薬液塗布した際、木材の中まで薬液が浸透しやすくしてある加工です。

土台敷きを終えると建物廻りに高所での作業ができるよう足場を組み、いよいよ柱・梁を組み上げていく建て方工事になります。

関連記事一覧

PAGE TOP