豊田市新築工事躯体工事~名古屋市内の設計事務所~

上棟後の報告です。

大工さんの躯体工事は上棟後もしばらく続きます。屋根の下地となる合板が一面に敷かれ、雨漏れが無いようしっかりと防水工事。私も現場にお邪魔して、念入りに防水ルーフィングの施工確認をしました。完成して住み始めるころには見えなくなる材料ですが、雨から家を守る重要な工事なので慎重にいつも確認しています。
内部はこのころになると、設計した空間の領域が見え始めます。
屋根勾配に合わせた空間を計画している二階のホールは思った以上にゆったりと構え、北側に取った開口からの光がどのように実際に回ってくるのか楽しみです。

関連記事一覧

PAGE TOP