豊田市新築工事 屋根通気~名古屋市内の設計事務所~

豊田市内の新築工事。
屋根面の通気層の施工が完了しました。
通気層を構成する方法はいくつかありますが、
今回は、通気層確保用に作られた通気スペーサーを採用。

片側が写真のようにアルミが蒸着されていて、赤外線を反射して、放射熱(輻射熱)を抑えてくれます。

屋根面に流した垂木という部材にはめ込み固定することで30㎜の通気層を確保できるようになっています。

現場の建物は大きく大屋根を掛けているので、屋根面一杯にこのスペーサーを施工。
部屋の快適性にお客様が満足いただけるとうれしいです。
これからいよいよ吹付断熱工事となります。

関連記事一覧

PAGE TOP