豊田市新築工事吹付断熱~名古屋市内の設計事務所~


豊田市の新築工事。
吹付断熱が終わったため、現場の様子が違って見えてきました。

ハウスメーカーに在籍していた時は、断熱がグラスウールでの施工でしたので、
この吹付断熱を初めて現場で見たときはかなり新鮮な感覚でしたが、
最近の現場は吹付での計画が多いため、大分慣れてきました。

この吹付断熱、通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いのですが、
今回使っているアクアフォームという商品は、水を使って現場で発泡させながら吹き付けていきます。
直接、壁や柱に吹き付けていくため、細かな部分にも隙間なく充填できるのも特徴です。

オゾン層破壊の原因となるフロンガスを利用しない地球にやさしい断熱材です。

私の中では、躯体と断熱材との間に隙間が生じないことで、
外部の騒音や室内の生活音が漏れにくい部分もメリットだと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP