造作家具工事が進んでいます 豊田市の新築工事~名古屋市内の設計事務所~

豊田市の新築工事。
壁の仕上げの完了が見えてきて、
その袖で造作家具工事が進んでる。

写真は、ブログでも書いたレッドシダーを添えた玄関ホール。
その袖に、造作=造り付けの家具工事で、大工さんが玄関収納を納めているところ。

造作収納は、各メーカーの既製品と異なり、幅や高さの寸法を自由に決められたりできるのが利点だと思う。
使う材料も自由に設計できしつらえを大きく左右するものになりますが、
既製品と比較すると予算もかかるので適材適所、人の手が触れるところなど優先順位を考えながら提案するようにしている。
無垢板を用いた家具など、本来の木ならではの味わいは他の材に代えがたい。

写真の下駄箱は、ホワイトアッシュの集成材を外枠として使っています。
建物完成間際の仕上げ工事の際、部屋の出入扉と合わせて、
下駄箱の扉が納まると下駄箱として完成します。

他の部屋も仕上がってきました。

関連記事一覧

PAGE TOP