えんぴつをけずる ~名古屋市内の設計事務所~

こだわり。
お客様へのプレゼンテーションとして手描きの図面・スケッチパースを添えている。
ご要望から提案したプランを検討しながら、
頭の中に出来上がる空間を下手なりにでも、
お客様に一目見て共感、共有してもらえるように、
手描きパースを起こす。

手描きパースを覚えてから十数年。
線の引き方、手の動かし方、影の付け方、彩色の仕方は、
いろいろ学んで考えて、とにかく試してみたりして、
もっと上手く描けるようになりたいという一心で手を動かす。
また、その時々により自分の好みも違うので、
過去のパースを見てみると描き方のバリエーションを懐かしく感じることも。

彩色の道具、最近は色鉛筆に落ち着いている。
手軽に色を付けられるところ。
そして、筆入れに入れて持ち運びしやすいというような手ごろ感が好きな理由。

それから、もう一点好きな部分、
色鉛筆を削るという行為。

それほど手先が器用というわけでもないのですが、
カッターナイフでゆっくり、じっくりと削っていると、
心が落ち着き、一心に集中できること。それが好きな理由の一つ。

木部の素材も各メーカーによってそれぞれ異なるのを、
削っていると直に感じます。

まだ素人っぽさが抜けない描き方ですが、ずっと続けていきたい。

関連記事一覧

PAGE TOP