名古屋市千種区へ現場検査 ~名古屋市内の設計事務所~

千種区のRC造(鉄筋コンクリート造)現場検査へ行ってきました。
主に住宅設計の仕事をしていて、
ほとんどの物件が木造なので、
RC造(鉄筋コンクリート造)の物件はいつも以上に気が引き締まります。

基礎の配筋検査だったのですが、
配筋の一本一本が太く、直径20㎜程度の鉄筋が写真のように梁型に組まれ、
建物の骨組みを作り出していきます。

工務店の現場監督とともに各部の組みあがった配筋を図面と照らし合わせながらチェック。
そこそこ大きな現場なので、検査は気が付くと二時間弱。
配筋の内容も、訂正は必要なところは無く、素晴らしい現場でした。

この日は一日曇り空で、少し雨が降り出す覚悟もしていたのですが、
幸い雨は降らずに助かりました。

関連記事一覧

PAGE TOP